2010年06月22日

正岡子規 夏の夜の音



参照テキスト:青空文庫図書カード42172

* 今回は正岡子規作品から「夏」を拾ってみました。
 病床で高熱を伴いながら過ごす「夏の夜」は辛いものですが
 子規は冷静です。
 これは明治32年の随筆ですが、このあともうひとつ明治24年の作品を
 投稿します。
 あわせてお聴きいただければ幸いです。

 


posted by えぷろん at 13:43| 東京 🌁| Comment(0) | 正岡子規 夏の夜の音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。